はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

詮無い想い・・・

父の命日

 今日は父の命日である。
 十六年前の寒い日に、父は死んだ。
 入院させた日に死んでしまったのだ。

 入院させた日の夕方、母が甲斐甲斐しく食事の介助をしていた。
 父が食べやすいようにと、病院の食事をスプーンでつぶしては、父の口元に運んでいた。

 そんな父の姿を見て、母も私もホっと安堵していた。
 なのに、夜中に容態が急変して息絶えた。
 気がついたときには、すでに意識が無かった。
 だから、家族の誰一人、父の最期を見ていない・・・。

 私はそれから暫くの間、父と交わした最後の言葉が何だったのか、ずっと考え続けた。答えは出なかったけれど・・・。

 この十六年間、“母には納得のいく死を迎えさせたい”それだけを考えて母の面倒をみてきた。

 なのに、このザマだ・・・。
 人は幾度、人生をやり直せば後悔しない人生を歩めるのだろう・・・?

 
 昨夜、母の夢をみた。
 
 母は花火が好きだった。
 だから夏になると、私はでき得る限り、母を連れて花火大会を観に出掛けた。

 夢の中の母は、杖をついて歩いていた。
 最期は車いすに乗っていたから、もう少し元気な頃の母だった。

 花火大会だというのに空は晴天で、観客の姿は無く、母はただ一人、私の目の前を歩いて行った。

 “こけたら大変・・・”
 私は急いで母の後を追うところだった。
 たったそれだけの夢・・・。
 
 毎回、夢の中の母は生きていて、“私が守らないと・・・”と、いつだって私は焦っているのだ。

 私が見たのは母の後姿だけ・・・。
 母が笑っているのか、泣いているのか、それすらもわからなかった。
 
 そんな夢から覚めると、とことん打ちのめされる。
 守り切れなかったことへの後悔の念・・・。

 お父さん、ごめんね。
 お父さんの命日やのに、お母さんの夢を見て・・・。

 いつか・・・いつの日か、笑顔の父や母が出てくる穏やかな夢を見られる日が来ますように・・・。



 

詮無い思い・・・

 「限りなく孤独だ・・・と思う瞬間がある」

 もしも私がそう口にしたならば、或る友人などは、たったひと言で事も無げに一蹴することだろう。

 「孤独じゃない人間など一人も居ない」と。

 そうかな?
 真実(ほんとう)にそうなのかな・・・?

 “限りなく孤独だ・・・”

 救いようも無く気分が堕ちるその刹那、大切な友の言葉さえ、私の心に響いてくることはないだろう。

 だから私は、自分の心模様を言葉にして伝えたりはしない・・・ヒヨコ

 

友人からの言葉・・・

 人間関係で打ちのめされている私に、或る友人からこんなメールメールが届いた。

 『はんなさんがそういう苦しい時間を過ごさないといけないお相手というのは、友達であっても、はんなさんにとっての大切な人とはいえないように思えます。
 恋人でも、旦那さんでも、友達でも、何か自分に正しく縁のある人って、誰にもいて、そういう人は自分を不安にさせたり、つらい気分にさせたりしないものなのではないかな、って私はいつも思っています。安心出来る人、が自分に縁のある人、って思うのです』

 メールの主は、いつぞやお酒の会でナンパ(笑)された人。
 残念ながら(?)女子だけれど・・・。(笑)
 人に媚びないところや、物事の真実を追求しようとする姿勢など、自分と似通った部分を感じ、一夜にして意気投合し、それから何度か逢う機会があった。 
 まだ、おつきあいは浅いのだけど、本音で話ができる数少ない友人の一人だ。  

 彼女からのメールに書かれていた言葉は、目からウロコ・・・というか、私の中には無い発想だった。新鮮だった。

 私の場合、自分の気持ちが重要で、心許せる人には、あれもしてあげたい、これもしてあげたい、と思う。そこには見返りを期待していない自分が居る。

 だが理由もわからず、その関係が上手くいかないと、さすがに打ちのめされてしまう。心がボロボロになってゆく・・・。

 男女間の恋愛感情ドキドキ大なら、それもアリだろう。
 自分が好きならば、例え報われずとも、一方通行の想いも致し方ない。
 でも、友人の間では、その辛すぎる関係は成り立たないのかもしれない。

 彼女が言うように、少なくとも、相手のことを不安にさせたり、辛い気分にさせたりする存在は、“友人”とは呼べないのかもしれない。そして、そんな友人関係は続かないのかもしれないな。

 私に必要なことは・・・“その人にとっては、私の気持ちなどどうでもいい。その人にとって私は、所詮、その程度の存在なのだ・・・”その現実を認める勇気なのかな・・・ヒヨコ

政権移行・・・

 やれやれ、麻生さんのふてくされぶりは、まるで子供みたいですね落ち込み。(爆)

 政権交代・・・1年や2年で結果を期待してはいけないし、かと言って、甘やかしてもいけない。

 哀しいかな、人間という動物は、“権力”を手にした時に、変貌するかもしれないからだ。

 それは自民党だろうと、民主党だろうと、共産党だろうと、社民党だろうと・・・どこでもおんなじだ。

 国民は、いつも自分たちの上に立つ権力者の動向をチェックしていなければならない。

 

第45回衆院選、明日、投票日 

 明日は、いよいよ衆院選の投票日ですね。
 皆さんは、誰に、そしてどこに入れるか、決めましたか? 

 とにかく、“一党独裁政治”はロクなことを招きません。
 それは、自民党だろうが、民主党だろうが、同じです。

 さて、先日、私と知人の話の中にこんなことが・・・。
 
 「投票が締め切られてすぐに“当選確実!”なんて、出るんなら、8時直前に投票に行った分なんて、数に入ってないよね?」と。(爆)
 それだけ、出口調査って正確なんでしょうか・・・?

 ま、とにもかくにも、皆さんの1票は、「義務」ではなく、「権利」の証なのですから、“私が1票入れたって何も変わらない”なんて、カッコ悪いことゆってないで、投票所に行ってくださいね。

 それにしても、「幸福実現党」はスゴイですね。
 今日の新聞にも(先週も)、全段ブチ抜き広告が載ってましたし、テレビCMも打ってますよね。
 バックボーンが幸福の科学ですから、お金はたくさんありそうです。宗教力、恐るべし。(苦笑)

 で、そこから出ているのが、昔、大好きだったブルーハーツのベーシスト、河ちゃん。(バンド自体は、彼の宗教問題で解散が早まったと言われていますが・・・)

 河口純之助氏は、比例で、2番目のドクター中松の次に位置しています。ネームバリューがあるってすごいなあ。
  
 ここに来て初めて、その姿をYOU TUBEで見ました。(下記リンクしました。興味のある方はどうぞクローバー

 元ファンとしましては、いささか複雑な気分ですが、でも、彼自身は元気そうだし、楽しそうだし、いいかなと思います。
 でも私は幸福実現党には入れませんけどね。(爆)
 河ちゃん、ごめんよぉ~カエル

 幸福実現党立党大会~河口純之助氏挨拶(LIVE)~
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ