はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

2009年06月

今、『爆問学問』・・・

・・・を見ています。

 今宵は、爆笑問題×慶應義塾大学教授の阿川尚之(日米関係史・米国憲法史)

 阿川さんと太田さんの歯に衣着せぬバトルが、なかなか面白いですラブ

 『爆笑問題のニッポンの教養

月参りに水無月

 いつのまにやら6月最後の日。

 今年も半分が過ぎようとしているのですね。 

 糸の切れたタコのような私の生活も、めまぐるしく過ぎてゆきます。

 今日は母の月参りの日。

 お坊様のお茶菓子なんぞを買いに・・・。

a1.jpg

 
 「たねや」の水無月です。 
 三角形、8個に切ってあります。

 水無月はぼやけた味なので、そんなに好物ではないのですが、これはひと片が小さめですし、結構、美味しいかと・・・。
 
a2.jpg

 
 「たねや」の水無月と稚鮎、CLUB HARIEのプリン。

 お母さん、月参りの日やから、今日はちょっと豪華やで笑顔

a3.jpg



いちごジャムといちじくジャム

 パソコンの背景、替えました。 

 梅雨の間は、しばし、この写真で・・・ラブ

a1.jpg


 右は、なじみの料理人さんにもらった自家製のいちごのジャム。
 で、でも、開かないのです悲しい
 もちろん、ひとつひとつ、手で閉めてはるのでしょうが、男の人の力ってすごいですね。

 普段、瓶のふたが開けにくいときは、まず、私はゴム手袋をはめてチャレンジします。その次は、フタの横の部分を何かでコン!っと叩くのです。

 大体、このどちらかの方法で開くのですが、これは、まったくゆるまず・・・。

 「温める」という方法もやってみましたが、うんともすんとも・・・。

 やっぱり、私ってか弱い女性なのね、ホホホ・・・と再確認したのでしたハート

 ってわけで、男手が無い私の家では、もう無理です泣く
 また、お店にもって行きますので、開けてね。
 以上、連絡事項ラブ。(爆)

a2.jpg


 4つ前の記事、「あいとうマーガレットステーション」で買ってきた「いちじくのジャム」です。八日市南高校の生徒さんが作らはったジャムです。 

 ヨーグルトの上に、いちじくのジャムを・・・。

 昔、母がよく、家の庭に生っているいちじくでジャムを作ってくれました。 その味は、本当にいちじくの味がして、とても美味しかったのですが、たまに買う商品になっているもので、それに匹敵するような美味しさのものにはめぐりあったことがありません。

 自分で作ってみればいいのでしょうが、昔と違って、今は、いちじく自体が高価なものになってしまったので、買ってまで作る気にもなれず・・・ダメ

 でも、高校生の人が作らはったのかと思うと、それだけで、なんだかちょっと幸せな気分になれるのでしたウインク

 ご馳走さま。

a3.jpg

平安神宮・夏越の大祓

 平安神宮の大鳥居です。

 車が来ない瞬間を見計らって、車道に出て命がけで撮った写真です。(爆)

a1.jpg



 暫く、歩を進めますと・・・。

a2.jpg


 本日、6月30日は「夏越の大祓」です。
 
 お近くの方はどうぞ。

a3.jpg




a4.jpg




a5.jpg




a7.jpg




a8.jpg


 くぐりますと・・・このような光景が。

 いつも思うんですけど、中国みたい。

a9.jpg

あくまでも卯月の「京上賀茂 御料理 秋山」さん

 先週もお邪魔した「秋山」さん。
 思いがけず、楽しいお客さんとお隣同士になりました。(私のブログを読んでくださっている方でした)

 今週もお邪魔するのですが、その前に、溜まっている春のお話を・・・。

 なので、ここでご紹介する御料理は、あくまでも卯月のものです。(笑) 
 「秋山」の皆さん、ごめんなさい汗

 この日は、友人と一緒にお邪魔しました。

a1.jpg


 ほらね、飾りつけも春っぽいでしょ?(笑)

 桜咲く時節を、想像力たくましく、想い起こしてお目通しください。

a3.jpg
 

 春らしく筍の御料理です。
 
 山椒の葉っぱがアクセントになって、お料理をキリリと引き締めています。

a4.jpg



a5.jpg


 貝柱の真丈の煮物椀です。

 大きな貝柱がコロコロ、入っています。
 美味しいなあ~。(しみじみ~)(笑)

a6.jpg


 友達とビールでかんぱ~い乾杯の後は、こちらでお馴染みの「辰泉」さんの「純米吟醸・京の華」です。

a7.jpg


 友達と二人分のお造りの盛り合わせ。

 お魚だけじゃなくて、“緑”もいっぱいよそっておいてくれはって、目にも身体にも優しいです。

a8.jpg


 はるか昔のことなので、記憶が怪しいですが、確か、水菜のお花だったかと・・・。
 初めて見ました。
 もちろん、食べました。山葵菜も。(笑)

a9.jpg


 

a10.jpg




a11.jpg


 春キャベツ、筍、赤こんにゃくが入ったおなべ。

 少し甘めのやさしい味の木の芽味噌でいただきます。

a12.jpg


 この期に及んで(爆)、更に日本酒。(笑)

 これも馴染みの「風の森・純米吟醸」です。

a14.jpg


 秋山さんのお母さんが作らはった美味しい梅干をいただいて、白いご飯もすすみます。

a16.jpg


 ご飯の後は、春らしく桜餅をいただきます・・・と、書きつつ、昔から私のブログを熱心に読んでくださっている方は知っていてくださると思うのですが、私はあまり桜餅が好きではないのです。

 でも、なぜか、こちらで作ってくれはるものは、かなり好みなのです。

 ご馳走さまでした。
 では、また、近いうちにおじゃましますぅ音符

a17.jpg
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ