はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

2009年03月

~東京旅編~vol.2

 ~東京旅編~vol.1の続きです。

 成田から飛ぶ前に東京で1泊したのは、いつも上京すると飲みに連れて行ってもらうお店に行きたかったら。だって、京都では、あまりみかけないタイプのお店なんやもん。

 神楽坂の方に在ります「つず久」。
 半年ぶり。
 飲み系に強い方には有名なお店です。
 ダウンタウンのまっちゃんとか、落語家の小朝さんなんかも、テレビで紹介してはりました。

a1.jpg


 先ずは1杯目のビール。
 付き出しは、鹿肉。
 この夜、ご一緒した知人のお友達が持ち込んでくれはった鹿肉です。

 知人の相方さん(お仕事の都合で途中参加)&年末に私が上京した際に、浅草橋のおすし屋さんと銀座のお蕎麦屋さんに連れて行ってくれはった知人も付き合ってくださって、今宵は4名で楽しい飲み乾杯

a2.jpg


 いつも豪華なお造り盛り合わせ。
 最近、おすし屋さん以外で赤貝ってあまり見ませんものね。

a3.jpg


 写真ではその大きさがわからないですが、しゃこも有頭の海老も、とても立派なものでした。

a4.jpg


 ネタケースの中には、築地から仕入れた海の幸がひしめきあっています。(笑)

 毛蟹もいますね。
 後でいただくんですけど・・・。

a5.jpg


 よくお邪魔する京都の「秋山」さんでも出してくれはるタイラギ貝。
 でも、殻を目の当たりにすることは、なかなか無いです。
 大きいですよね。

a6.jpg


 先ほどの鹿肉をお刺身で・・・。
 なかなかこれだけたくさんの鹿肉を、それも生で食べることはないですよね。
 この鹿を撃ってきはったのは、お坊さんだとか・・・。(汗)

 メッチャ、正直に書かせていただくと、ジビエは少々苦手ではあるのですが汗(知人様、すまそすいません)、仕留めた限りは、余すとこなく全て、その命を頂かないとね。鹿さん、ありがとうドキドキ大
 
a7.jpg


 このお店の常連である知人さまがお店に持ち込んだお酒。
 一升瓶5本!(5本一緒に入っている化粧箱、初めて見ました)
 オンリー「龍力」です。(爆)

 いや、ほんとは持ち込みじゃなくて、こちらのお店、25周年のお祝いです。

 後ろにいはるのがご主人の作ちゃん。
 知人が「ちゃん付け」で呼んでるもので、目上の方をつかまえて失礼なのですが・・・。
 とても気さくで、楽しい方です。

 その常連である知人のお陰で、いつも「作ちゃん」の目の前の特等席に座らせてもらっています。

a8.jpg


 わけぎの炒め物でしたか。
 これが、存外、美味しくて、好評でした。

a9.jpg


 ここで七輪が出てきまして・・・。
 また新たに鹿肉を焼いていただくことに・・・。

 先ほど、お刺身で食べたものと、かなり色が違っているかと思うのですが、それは、空気に触れて色が黒ずんできたのです。(わざと熟成を進めるためにあえて常温に置いておかはったのかも)
 鹿肉は足がはやいのかなあ?

a10.jpg


 今、焼いているところです。

 鹿肉を七輪で自分で焼いて食べるなんて、初めてです。

 このお店では、「初めて」のことが多くて楽しいのです。

a11.jpg


 先ほどのお祝いのお酒。

 お相伴に預かっています。

 っていうか、全部、一通り出してくださったのでした。(爆)

a12.jpg

 1記事、15枚までしか写真が貼れないため、つづく~。


~東京旅編~vol.1

 今回も成田から飛んだため、その前にちょっと東京へ。
 先週のお話です。

 昔、さいたまんぞうと言う人が「何故か 埼玉」っていう歌を歌ってたけど、私の場合、「何故か 新宿」(爆)。「いいとも」をやっている「ALTA」前です。

 結局、私が逢いたい人には逢えなかったけど、千原jr.(さん)をお見かけしました。

 テレビって大きく(&太って)写るから、実際、会うと小さくて細く感じる人が多いんだけど、彼の場合、逆で、タッパがあって、テレビより線が細くなくて、意外にもカッコ良かったハートです。(爆)(テレビで見る限りでは、カッコイイと思ったことはないのですが・・・)(失敬汗

 付き人らしい人が運転してきた高級車(多分)を、本人が運転して帰っていったのが意外でした。
 事故を起こすと困るから運転させない事務所も多いと思うけど、やはり、キャラに違わず、自由なようです。

a1.jpg


 ALTAのすぐ側に咲いていた花水木。
 「カメラのさくらや」をバックに・・・。(笑)

 こんな大都会でも、変わることなくきれいに花開いていました。
 この日は、とても暖かく、一気に咲いたのでしょうか。

a2.jpg

雲海で探したもの

 去年の9月、北京に行った。
 5泊6日の旅の中で、5つもの世界遺産を巡った。 
 大量の写真があったのに、でも結局、ブログにお目見えすることはなかった。

 写真の方は、9月に雲の上の人となった際の写真です。 
 美しく晴れ渡った日でした。
 
a1.jpg


 私は非科学的なことは好きじゃない。
 信じていない。

 死んだ人間は火葬場で焼かれ、骨になる。
 それだけだ。

 死んだらおしまい。
 死んだ人間の魂など存在しない。
 
 死んだ人間の魂が存在するとしたら、それは遺された人間の中で、死んだ人間が生き続けているかどうか、それだけの話だ。
 ソレが証拠に、自分の記憶の中にある人間のことしか、その魂を意識することはない。時間的なことを言えば、“祖父母”くらいが限度だろうか?それより更に遡っても、もう何もわからない。つまり、死んだ人間の魂自体は、存在しないのだ。

 だから夏に亡くなった私の母も、すでに骨という物体だけ残し、何もかも全て、この世から抹消されてしまったのだ。

 そんなことは重々承知しているというのに、私はこの輝く雲海を眺めながら、“母はここにも居ない・・・”そう思った。

 “テレビドラマで見た事があるワンシーン、お釈迦様が雲の上に姿を現すように、母も雲の上にいるんじゃないのか?”
 非科学的なことは嫌いなはずの私が、輝く雲の中に母の姿を探していた。全くもってして滑稽極まりない話である。(苦笑)
 缶ビール1本だけしか飲んでいないのに、飛行機の中で、私は人目もはばからずぼろぼろ泣いていた。

 去年の北京への旅が私に教えてくれたことは、“母はどこにも居ない”ということだった。
 そんな結論が出てしまったから、私はもう、美しい中国の世界遺産をこのブログで紹介する気力が無くなってしまったのだ。
 結局、その結論に行き着く旅を振り返ることなど無意味に思えた。

 これから、今回の旅の話を綴ろうと思う。
 そう考えると、去年の秋よりは少し、私の精神状態はマシになったのだろうか。
 
 皆さんも一緒に私の旅におつきあいください。

a2.jpg


本日、帰国しました!

 本日、成田経由で無事に帰国しました飛行機。(帰宅したのは午後10時前となりましたが・・・)

 色んな光景を目にしました。
 様々な人に遭いました。

 去年の秋に行った北京の旅のお話は、結局、封印してしまいましたが、今回は、なるべくたくさん、自分が見たものを皆さんにご紹介したいと思っていますラブ

 クローバー連絡事項クローバー
 携帯が壊れた模様泣く。(爆)

 去年、北京では充電できたのに、今回、香港ではできなくて、オマケに壊れるなんて・・・トホホ悲しい
 なので、送っていただいた携帯への電話もメールも、今現在、把握しておりません汗


 ★マカオ入境検査所でお目にかかった筑波大学の学生さんへ★ 

 あんなところで日本人の方と日本語で話せるなんて思ってもみませんでした。暫しの時間でしたが、お話できて楽しかったです音符
 また、京都にもいらしてくださいね。

 旅の話は時系列でアップしていきたいと思っていますので、暫し、時間を要しますが、そのうち出演していただきますので、たまには覗きにいらしてくださいウインク


☆連絡事項☆

 精神が肉体に及ぼす影響』という記事にいただいたコメントにも書いておいてくださいましたが、ちょっと島国を脱出します。

 限られた友人しか知らない今回の私の旅。
 友人・知人の皆様、携帯、通じませんダメ
 メールも読めませんダメ

 来週末には戻ります。
 初めてコメントくださった方々、レスが遅くなります。ごめんなさい汗
 「ブログ掲載」を快諾してくださっているにも関わらず、記事のアップが遅れているお店の方々、帰国しましたらサクサクとアップさせていただく所存です。暫し、ご猶予を・・・花

 そろそろ搭乗時刻です。
 暫し、日本を離れますクローバー

 尚、例のごとく、旅の途中に何かありましたら、このブログはこのまま閉じられることもありません。あしからず・・・。

 再び、みなさんにお目に掛かれますようーハート

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ