はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

2007年07月

「余歌朗」(浪乃音酒造)さんで琵琶湖の天然鰻

 この前の日曜日は、琵琶湖の西に位置します「波乃音酒造熱燗」さんが夏ひまわりの時期だけ営業してはる「余歌朗」さんに行ってきましたにっこり

 去年は行けなかったので、2年ぶりとなります。
 たまにお酒熱燗を買いに来ますので、この辺りは、馴染みの風景ではあるのですが・・・。

 古い佇まいが落ち着きますラブ

90.jpg


 玄関脇には、立派な瓦が・・・。
 代々続く、歴史のあるお家なんですね。

 「余歌朗」さんでは、琵琶湖の天然鰻を出してはるのですが、元々、蔵から20客お膳が出てきて、それで何かできないか?という話から、お酒造り熱燗がお休みのこの夏ひまわりの時期だけ、営業しはることになったお酒と御料理のお店なのです。

91.jpg


 個人的に少人数でも受けてくれはるのですが、今回は、大阪の『蔵朱』さんの企画に参加させてもらいました。
 大人数でぞろぞろ、お邪魔するところです笑い

 「蔵朱」さんもブログの中でご紹介させて頂いていますが、最近、なかなか大阪でゆっくり飲む余裕が無く、ご無沙汰している私は、肩身の狭い人間ではあるのですが・・・泣く

92.jpg


 さりげない置物にも品がありますね。
 
 華美ではないところがステキハートです。

93.jpg


 ステキな書の下で、楽しい宴が始まりました。

 全どが、わざわざ大阪からいらした「蔵朱」さんのお客さんです。

94.jpg


 お部屋の窓を眺むれば、手入れの行き届いたお庭が広がります。
 
 向こう側には琵琶湖が広がっているんですよ。

95.jpg


 準備してくださったお猪口。
 どれも可愛いドキドキ小です。

 箸袋には「余」の判子が・・・。
 この手づくり感がいいですよね。

 よく考えたら、お酒熱燗のラベルなどもそうですよね。
 手づくりのぬくもりが伝わってくるような、こじんまりした蔵のお酒が好きです音符

96.jpg


 このお銚子もいいなあ。
 向こうにあるお湯のみもステキハート
 家にも欲しいなあ。

 こちらで使ってはる器は、元々、こちらのお家に伝わったもの。
 やはり、歴史の永いお家には、何かとお宝が眠っているようです。(笑) 
 「なんでも鑑定団」に出せるような品も眠ってるんでしょうね。

97.jpg


 半月形の器に、お酒のアテにぴったりなものがたくさん入っていました。

 出汁巻き卵の隣にあった鴨ロースも柔らかくて美味しかったし、瓜もおいしゅうございました。

 赤いものは、例の赤こんにゃくですが、これはお寿司になっていました。赤こんにゃくはよく食べますが、寿司ネタとして食べるのは初めてかも。

98.jpg


 かなりくつろいだ状態になっています。

 手前の青いシャツの方がこの浪乃音酒造の長兄さん。
 そう、「杜氏三兄弟笑顔笑顔笑顔」の一番上の方です。
 ちょっと久しぶりにお目に掛かりました。

 真ん中の赤いシャツの方が、「蔵朱」のマスター。
 マスター、また、必ずや、そちら目指して大阪に参りますすいません。 

 そして、一番左端の方も、お酒好きには有名なお顔かも・・・の、京都は「蒼空」の藤岡酒造さん。
 蔵に行くと、お母さんとばっかりお話しているのですが、この日は息子さまと・・・。非常に楽しい方でしたにっこり

99.jpg

 1記事、10枚までしか写真が貼れませんので、つづく~花

土用の丑の日

 今日は土用の丑の日ですね。
 皆さんも鰻を食べはりましたか?

 さすがに、スーパーで売っている中国産のものは怖くて食べられないですよね泣く。最近は産地疑惑もあるので、「国内産」と表示があっても、100%信じることは難しい・・・。

 疑いながら食べても美味しくないので悲しい、まず、スーパーの鰻は買いません。実際、中国から白焼きの状態で輸入して、国内でタレをつけて焼いたら炎加工品になってしまうから産地表示の義務は失くなりますし・・・。

 ファミレスなども中国産の鰻を使っていますし、鰻は本当に信頼できる鰻専門店でしか食べられませんね。

 ということで、写真の方は、昨日、「浪乃音酒造熱燗」さんが夏ひまわりだけ営業してはる「余歌朗」さんで食べた琵琶湖の天然鰻です。

 とてもおいしゅうございましたにっこり
 ハジカミも美味しかった笑顔

 余歌朗さんでの美味しいお話は、明日、ゆっくりアップさせていただきます。暫し、お待ちくださいませラブ

u.jpg

そうだ!選挙 行こう

 滋賀県庁の近くにある自民党の事務所の外観です。
 滋賀シネマホールのすぐ近くなので嫌でも目に入ります困った。(シネマホールが入っているビルの中にも自民党の事務所は存在するけど・・・)

 何が怖いといって、この安倍さんの看板が(直接、見ると)北朝鮮っぽくて怖いのですぅショック。(爆)
 “写真”と“絵”の中間みたいなタッチなので、怖いんだろうな泣く。(爆)

 なんでよりによって、コレなんだ???(爆)
 自民党はお金持ち冠なんだから、もうちょっと考えればいいのに・・・。

img20070727.jpg

 さて、いよいよ選挙ですね。
 皆さんは、誰に、そしてどこの党に入れるのでしょう?

 私はすでに期日前投票に行ってきましたよラブ。(期日前投票は簡単ですよ。空いてるし・・・。皆さんも、今日、いらっしゃれば?)

 明日は、お酒関係熱燗の会に行くし、元々、「22日」だったものを誰かさんが「29日」に一方的に変えちゃったんだから、元々の選挙日だった22日に母と一緒に行ってきました。
 
 少し前、ネット上パソコンで「脳内メーカー」が流行りましたが、選挙が近づき、最近は、『毎日ボートマッチ・えらぼーと』が流行っていましたねクラッカー

 21の質問に答えるので、「脳内メーカー」よりは、より真実味があるかもしれません笑顔

 私も先日、やってみました。(投票後です)
 どこに入れるのか決めかねている人には、ヒント電球になるかもしれませんよ。
 まだ、お試しでない方は、どうぞ~音符


 バラ《蛇足》バラ

 先日、上の写真の事務所の前を通ると、散歩途中らしき年輩の男性が事務所関係者ともめていた汗

 その日は、黒塗りの上等な車が数台、事務所前の道路に路上駐車されていたのだが、どうやら、おじさんは通行走るの邪魔をされた上、事務所員が、一般人のことは省みず、黒塗りの車に乗って来た偉いさんにペコペコへつらっているすいませんことにご立腹怒るのご様子だった。

 オマケにその話の途中で、その事務所員がおじさんの抗議を無視して、携帯電話で話始めたものだから、おじさんの怒りは収まらず怒る怒怒、ボルテージは上がる一方・・・。

 「ずっと自民党に入れてきたのに、最近はなんだ!上の者にばっかり媚びへつらって、弱い国民のことを考えろ!」と、声を荒げる。

 多分、幼稚な赤城大臣困ったのふざけた対応とか、不満が溜まり溜まっていたのであろう。話はいささか飛躍しているのだが、おじさんの言うことは間違ってはいない。

 そして抗議をするにも疲れ泣く、その場を離れようとしたおじさんに、私はひと言、声を掛け、慰めてさしあげるのであった。「上の人に弱いなんて、とっても(自民党)らしいじゃないですかにっこり」と。(爆)

 おじさんも私の言葉に非常に納得していた。(爆)
 おじさん、あさっては、違う党に入れよーねラブ
 

 投票は、今日と明日で終わりですよ~~~!!
 あなたのその1票は、“義務”ではなく、“権利”です。
 皆さんも棄権などせずに行きませう~ヒヨコ
 
続きを読む

四川風担々麺

 京都シネマで映画ムービーを観る前に、ちょっと腹ごしらえ。(笑)

 時間が無かったので、同じビルの中に在るお店へ・・・。

 「キムカツ」とどちらにするか迷ったのですが、冷たい麺が食べたかったので、「老香港酒家」へ・・・。

20.jpg


 外から見たら、空席も結構あったし、すぐに通してもらえるかな・・・と思っていたら、暫し、待ち時間発生。
 多分、席数に対して、人手が足りないんでしょうね。
 新しいお客を受け入れる準備がなかなか整わないのでしょう。

 暇なので、きれいな魚を観ています。(写真許可はもらいましたよ)(笑)
 どれが魚かわかりますぅ?
 
 映画が始まるまでに食べられるかなあ???
 時間が掛かりそうなら別のお店に行こうかなあ???
 と、思っていたら、
 「映画は何時からですか?あと1分くらいでご用意できますので・・・」と、バイトの女の子。

 店は人なりラブ
 ちょっとした心づかいでお客は引き止められるのだ。(笑) 

21.jpg


 オーダーしたのは、四川風担々麺。
 早めに作ってくれはったようです。

 赤い糸唐辛子が辛いもの好きの心をそそりますドキドキ大。(笑)

22.jpg


 胡麻たれに、チリソースと、辣椒醤(ラッチュウジャン)。

 胡麻たれは酸味が効いていて、夏ひまわりにぴったり!

 辛めの辣椒醤も気にいりましたハート

23.jpg


 胡麻たれを掛けてみました。

 一番、上に乗っている緑のお野菜は、以前、大阪の「蔵朱」さんで食べたことがある「金針菜」です。美味しいですよ。

 麺は、細めですね。ツルツル感は無いです。
 好みラブで言えば、ツルツル喉越しが良いものが好きなのですが、こちらもおいしゅうございましたにっこり

24.jpg


 デザートは4種の中から選べます。

 杏仁豆腐などもあったのですが、私が選んだものには、グレープフルーツとマンゴーとタピオカが入っています。バイトの女の子が名前を教えてくれたのですが、漢字ばかりですでに失念落ち込み。(爆)

 生ビール1杯ジョッキ飲んで、¥2,000弱。(サービス料が10%付きます)

 感じのいいバイトさんのお陰で、楽しくお食事できましたにっこり
 彼女も帰りがけ、「楽しく接客させていただきました笑い」・・・と話してくれました。

 また、彼女がいる時間帯に食べに行こ~っと笑顔

25.jpg

京都ポークの七味ウインナー

 一つ前のつなぎの和食屋さんの記事を完成させるつもりだったのですが、いつのまにやら、もう1時半・・・ネムネム落ち込みZZZZZZです。というわけで、簡単な記事ですみませんすいません

 京都伊勢丹地下2Fで買ってきた京都ポークのウインナーとベーコンです。
 「京都牛」は、たまに飲みに行ったお店で食べますが、京都ポークというブランドもあったんですねぇ~。
 
 最近は、田舎のスーパーでも、メーカーものだけではなく、ちょっとおしゃれで美味しそうなウインナーやハムが数多く並んでいるので、デパートでも普通は目が留まらないのですが、今回は、「七味ウインナー」にハートを鷲づかみドキドキ大されてしまいました。(爆)

 あとは、母にチーズ入りと、パスタに入れようかと思ってベーコンを買いました。

 これ、すごく、お得なんですよ~にっこり
 3袋で¥1,050!目茶苦茶、安いですよね。
 スーパーでも、こんなお値段じゃ買えません。
 
10.jpg


 とりあえず、味がみたかったので、そのまま焼いてみました笑い

 脂をひかずとも、大丈夫OK
 包丁も入れずに食べたかったので、そのまま・・・。

 今まで、不味いベーコンなんて食べたことがないから、どんなものでもハズレってことはないかと思うのですが、これは、かなり美味しいラブ!と思います。

 焼きたて熱々は、ビールジョッキにピッタリびっくり
 旨すぎぃ~ラブ。 

11.jpg

  
 ウインナーも味がみたかったので、お料理には使わず、茹でてそのまま食べてみました。
 
 ウインナーの美味しさは、あのパキッびっくりっていう食感ですよね。
 絶対、包丁入れたくない。(笑)

 下のウインナー、チーズが入ってるのがわかりますよね?
 母も、「美味しい笑い」と食べてくれました。良かった。

 上のウインナーにも赤い唐辛子が見えますよね?
 辛いもの炎好きなので、さほど辛くは感じなかったのですが、こちらも、ビールのアテにピッタリびっくりでした。

 お値段もお手ごろで、他にも何種類も商品がありましたし、おススメです。

12.jpg
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ