はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

2006年12月

紅白歌合戦・・・ジャニーズ・カウントダウン

 年寄りと二人暮らしの家では、大晦日は「紅白歌合戦」が定番です。(笑)

 番組途中、生真面目そうなサラリーマンアナウンサーのおじさんが、「DJ  OZMAのバックダンサーの女性が上半身裸なんじゃないかと、視聴者の方からお電話を頂いていますが、ボディスーツですので・・・」と、釈明していました。

 ハハハ・・・ほんま、暇な人はたくさん居るもんや。
 というか、ちょっと見れば、作り物、ってわかるやん。
 もし、そうやったとしてもいいやん、別に・・・。

 それより、気になったのは、スマップの「ありがとう」なんですけど、全てじゃないけど、なんだか部分的に口パクでした?
 ゴローちゃんのとこは口パクに見えて、シンゴちゃんのパートは歌ってるように見えて、仲居君は、例え口パクでもこの程度かな?って。(爆)

 この歌、サビは音が取り易いんだけど、Aメロとか微妙だから、音程外すとまずいから口パクだったりして・・・。

 そう言えば、数年前の北島サブローも口パクでしたね。あれは、すぐにわかった。(爆)

 そうこうしつつ、「紅白」も終わり、今、「ジャニーズ カウントダウン」が始まったのですが、こちらのオープニング、TOKIOの「宙船」は、完璧に口パクでした。(爆)

 出演者を呼び込んでたので、口パクでも別にいいんだけど・・・っていうか、この番組、全ど口パクか。(爆)(でもKINKI KIDSは口パクじゃなかった。剛君ってアーティスティックな人だから、それは嫌でしょ)

 でも、この歌(「宙船」)、好きラブ。如何にも中島みゆきっぽい。でも、初めて聴いたとき、歌詞で吉田拓郎の昔の歌を思い出した私です。

大晦日

 いつのまにやら、大晦日。
 皆さん、如何がお過ごしでしょう?
 大掃除に、おせち作り、と、ほんまに忙しいですね泣く

 今日は、母と一緒に父のお墓参りに行ってきました。
 どんなに忙しくとも、お墓参りはスルーできませんダメ
 「来年も母と1年、無事に暮らしていけるよう見守っていてねラブ」と、拝んできました。

 おせちの準備もしつつ、今は、爆笑問題が出てる6チャン(関西設定)と、吉本芸人が100人出演の8チャンをチラチラ、替えながら見ています。だって、爆笑問題が出てる番組は「生」じゃないですものね。(吉本の番組は「生」かと思います)
 大晦日とかお正月は、「生・命ドキドキ大」。(笑)

 写真の方は、ちょっと前に母を連れてドライブの際に立ち寄った道の駅での1ショット。

 やはり、この時期、「葉牡丹」ですね。
 道の駅にあった、立派な葉牡丹をお目に掛けますラブ

00.jpg

馴染みのお店で「鳳凰美田」

 気のおけない友人と馴染みのお店で呑み乾杯
 いや、押し詰まった30日に呑みに行くような余裕はありません。
 数日前のお話です。

 いつものごとく、「適当にお造り~にっこり」と、注文。
 照明暗めなので、ボケた写真でごめんなさいすいません

20.jpg


 器が長いので、分割でご紹介。
 左から、よこわ、サーモン、シマ鯵、ホタテ。
 どれも、おいしっ笑い

osasimi.jpg


 鯛、甘海老、太刀魚、ヒラメ&エンガワ・・・。
 こちらも、おいしっラブ

22.jpg


 カワハギと、カワハギの肝巻き。(白い切り身は何だったんだろ?)(笑)
 肝は大好きハート。お酒にも合いますOK。 

21.jpg


 ということで、ビールジョッキの後は、「鳳凰美田・本吟」。
 「鳳凰美田熱燗」は昔から好きな銘柄のひとつなのですが、これは私が今まで呑んだ「鳳凰美田」よりも、辛口でした。
 
 何かと一緒に呑むなら、これくらいの感じがいいのかもハート

img20061230.jpg


 ツレの定番、天麩羅。
 これも「適当に盛り合わせ~音符」と、わがままオーダー。(笑)

 めごち、海老、蓮根、南京etc・・・。
 こちらもおいしっ笑顔

img20061230_1.jpg


 気の利く料理人ハートが箸休めに出してくれた汲み上げ湯葉。
 湯葉、大好き笑顔

img20061230_2.jpg


 いつも私たちが行くと、カウンターでひとしきり、楽しい話をしてくれる料理人の一人。でも、今夜ばかりは暫し、手が離せない状態の忙しさ汗

 すると、私たちのオーダー、「地鶏のオーブン焼き炎」におソースでこんなメッセージが。

 『いら~っしゃいハート
 ハハハ、可愛い。桂三枝風なのかな?(笑)

 人間に必要なものの中に「情と愛嬌」がある、と私は思っていますが、お客商売なら尚のこと。いつも彼と話していると、いやなことも忘れ、楽しい時間をすごすことができます。

img20061230_3.jpg


 ブリの照り焼きです。
 この寒い時期、ブリ魚はおいすぃ~ですね。

img20061230_4.jpg

 バラつづく~バラ

終い弘法

 師走らしい京都の風景をご紹介していませんね。
 少し前ですが、東寺の弘法さんに行ってきました。

img20061230.jpg


 丁度、南門のところから撮った写真なのですが、さすがに「終い弘法」、すごい人混みです。

img20061230_1.jpg


 いつもよりも、お線香も蝋燭も多め。
 故に、煙も多めです。(笑)

img20061230_2.jpg


 お正月らしい商品も並んでいました。
 「つるうめリース」。

img20061230_3.jpg



 こちらは、はすの実。
 滋賀には日本最大級の蓮群生地がありますが、あそこにもたくさんあるんやろうなあ・・・。

img20061230_4.jpg


 久谷焼きの徳利とお猪口です。
 なかなか渋い絵柄ですね~ラブ
 丁度、外人さんが買ってはるところでした。

img20061230_5.jpg


 あ!見たことある!って思わはった方は、私のブログを熟読(笑)してくれてはる方でしょうか。

 今年の夏に、友人が五条の陶器市で買ってくれた「ニャンコの一輪挿し」のイノシシバージョンです。
 お店を出してはる方とお話すると、同じ作家さんでした。

img20061230_6.jpg


 弘法さんでは、何でも売っていて、お野菜もたくさん。
 くわいも、おせちに欠かせませんが、荷物になるので断念。
 スーパーだったら、4個で¥298くらいで売っていますから、ほんまに安いなあ。

 来年1月21日の初弘法もスゴイ人出となることでしょう。
 丁度、日曜日なので、お時間がありましたら、どうぞ~音符

img20061230_7.jpg

「赤芋仕込み」「逢初」

 2つ前の記事で、年内に馴染みのお店に顔を出せてホッっとした後・・・でも、もう少し飲みたかったので、駅へ戻るまでの道すがら、「梅吉」さんという焼酎バーへ。

 烏丸御池を少し東に行ったところにあります。
 「焼酎ばー」と書いてありますが、「焼酎専門の居酒屋」という方がより近い感じかもしれません。

10.jpg


 こじんまりしたお店で、カウンターが6席ほどと、小さなテーブルがあります。大箱は好みじゃないので、落ち着けます。

 看板に偽りなし、ということで、色んな焼酎が並んでいます。
 焼酎は日本酒より保管が楽なので、いいですね。

si.jpg


 お店の方に勧めてもらった焼酎「赤芋仕込み」です。
 お芋の甘味とコクと・・・私の好みに近い味でした。

11.jpg


 おでん・・・しっかり何品もそろってますが、実はこれ、付き出しです。

 丁度、私の座った場所が、お店の人が調理をする場所の近くでした。(上の写真参照)
 何も言わずに置かはったので、先のお客さんのオーダーだと思い(その後も、ずっとそこで調理してはったので、一緒に出す他のものも作ってはるのかな?と)、ずっとお箸をつけずに居たら、「食べてください笑顔」と。

 メニューと話し言葉を聞いて後から気づいたのですが、韓国人の方がやってはるお店でした。だから、口数が少なかったのでしょうね笑い

 そういえば、祇園の韓国料理屋さんに行くと、頼んだものの他に付いてくるキムチの種類の多さにびっくりすることもありますが、この付き出しもなかなかスゴイですね。笑い

12.jpg


 アスパラと砂ズリの炒めものです。
 たまに、こういうアテも美味しいですね。

zuri.jpg


 母が待っているので猶予は30分汗
 もう1杯、飲むのが限度でした。

 「逢初(あいそめ)」。
 これも初めて呑みました。
 こちらも芋焼酎らしい甘味があり、美味しかったですよ。
 ご馳走さまぁ~音符

img20061230.jpg
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ