はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

2006年04月

海津大崎「魚治」の鮒寿司茶漬け

 4つ前の記事でご紹介した吉田酒造さん熱燗の数軒、隣に位置します「魚治」さんです。

 こちらのお店も、いつぞやご紹介しましたが、今の時期なら、若鮎の木の芽炊きなど、湖魚魚を加工した商品を売ってはるお店です。

 このお店の道を挟んだ向かいに、「湖里庵」というお店があり、そちらでは鮒寿司会席などが食べられます。(この「湖里庵」も、以前、ブログの中でご紹介したお店ですが、ご推察の通り、遠藤周作氏が名付け親です音符

img20060501.jpg


 本当は、鮒寿司を買って帰るつもりだったのですが、丁度、私がお店の前に着いたとき、その「湖里庵」から、ぞろぞろとお客さんが出てきはって、斜め向かいの「魚治」さんへ・・・。

 どうやら、「湖里庵」で、法事か何かの宴を開いてはった親戚の集まりのようで、「魚治」さんでおみやげの鮒寿司を物色ドキドキ小

 鮒寿司は結構いいお値段するもので、その前にを陣取らはったまま、なかなか決まらない様子落ち込み
 
 それを分け入って商品を見る根性は私には無く(笑)、暫く待っていたのですが、諦めて手前にあった「鮒寿司茶漬け」を購入笑顔

img20060501_1.jpg


 中身はこんな感じで、たまに、ちょこっと食べたい時に買ったりします。
 銀色の袋には、お茶漬けの素が入っています。

 ただ、このように、非常にしょうびんなものなので困った(笑)、これをおみやげにしても、誰も¥840だとは思わはらへんでしょうが・・・。(笑)

 一応、2食分、と言いますか、2人分なのでしょうが、鮒寿司はちょっと少な過ぎますね。悲しい

img20060501_2.jpg


 そして、魚鮒寿司茶漬け。
 熱々のお湯をかけていただきます。美味しいですよにっこり

 ただ、この手前の卵がいっぱい詰まったものは、他のお店で買ったものです落ち込み。(爆)

 「魚治」で買えなかったので、また違うお店にも寄って来たのです。
 そのお店のご紹介はまた改めまして・・・ハート

img20060501_3.jpg

「百年の孤独」「池月」・和知牛の炭火焼・愛媛のトリ貝

 お魚魚の美味しい、馴染みの割烹居酒屋さんで呑み熱燗

 1杯目はいつも生ビールジョッキなのですが、いつも生ビールやと芸が無いかなあ・・・ってことで、エビスの黒。エビスの黒って、瓶が可愛いですよね。

 付き出しは、イイダコのたいたん。
 アテにピッタリびっくり

img20060430.jpg

 でも、エビスの黒が出始めた頃、品切れになるほどの売れ行きでしたが、(黒ビールとしては)私はそれほど美味しいとは思わないのですが・・・落ち込みと、言いますか、ギネスなんかに比べると、「黒」っぽくなくて、黒の苦味が苦手な方なんかには飲み易いかもしれませんね。


 お品書きを見ると、自分では選べないほど、美味しそうなお魚魚が色々並んでいるので、お造りはおまかせ。
 
 明石の鯛に、北海道のウニ、天草の車海老に、宮崎のカツオ。
 ウニの下に隠れているのが、愛媛のとり貝と、明石蛸です。

img20060429.jpg

 ほんまに、どれもすこぶる美味しかったのですが、一番、ビックリしたのは、肉厚なとり貝です。

 実は、寿司ネタでも、私は好んでとり貝は食べないダメのですが、これが目茶苦茶美味しかったです笑顔。とり貝のイメージがガラリ、と変りました。


 お酒の方は、このお店での定番、「池月」。ぬる燗熱燗にしてもらいました。
 新鮮なお造りに美味しい燗酒。海老のアタマも焼いてくれはって、幸せ~ラブ

img20060429_1.jpg


 新じゃが饅頭です。
 ホクホクしていて、おいしゅうございましたにっこり

img20060430_1.jpg


 和知牛です笑い
 和知、というのは、京都府にある地名なのですが、「和知牛」というブランドがあるのは、初めて知りました。

 大根おろしとポン酢でいただきます。

img20060430_2.jpg


 はい、七輪で焼いて炎・・・ねハート

img20060430_3.jpg


 ポン酢の他に、お塩も出してくれはりました。
 
 今は、ちょっと気の利いたお店ならどこでも美味しいお塩を置いてはりますが、ここのお店では小笠原のお塩です笑い

img20060430_4.jpg


 お肉には、日本酒熱燗より焼酎かなあ・・・ってことで、久しぶりに「百年の孤独」。ロックで飲みました。

 そういえば、昔、「百年の孤独」って、なかなか手に入らなくて、お酒屋さんでも抱き合わせで売ってるお店があったり怒る、ひどいことになってましたね。

img20060430_6.jpg


 先ほどの和知牛なのですが、「刺身でも美味しいですよラブ」と、薄く切ったものを出してくれはりました。山葵醤油で・・・。

 近江牛で育ったので、牛肉の味にはちょっとうるさいですが、これは、かなり美味しかったですよ。
img20060430_5.jpg

 さて、2軒目もあるので、今日はこの辺で・・・。
 ほんまに、どれも美味しかったぁ~。ご馳走さまぁ~ハート

命短かしチューリップ

 暖かくなってきたので、ハナもたまには日向ぼっこ太陽させてあげないとね。(以前、飼っていた猫猫が車にはねられ自動車ダッシュ、瀕死の重傷を負ってからは、絶対に猫は外に出しませんダメびっくりダメびっくり

 ふきの葉もたくさん出てきて、11月に植えたチューリップチューリップも、花の色が姿を現してきました。これは、赤いチューリップ。 

img20060429.jpg


 私の日向ぼっこのお供は、いつも「地酒の会」や「地ビールの会」でお世話になってる山岡酒店さんで買ってきた、小江戸ブルワリーのプレミアムピルスナージョッキ「ナンバーワン」です。

img20060429_1.jpg


 実は、上の写真は3週間ほど前に撮ったもの。桜の花のアップにかまけていたもので・・・落ち込み。(笑)

 それから1週間もしないうちに、急に花が咲いたチューリップチューリップ

img20060429_3.jpg


 そして、更に1週間もしないうちに、こぉ~んなに開いてしまったチューリップチューリップ
 桜の命も短いですが、チューリップも短いですね悲しい

img20060429_2.jpg

東一に八海山・・・そしてハチノス

 G.W.ですねぇ~音符っていうのは、まるで関係無いのですが、友人と馴染みのお店で呑み乾杯

 例の如く、「適当にお造り~ハート」とお願いしました。
 赤貝、穴子、鰆、鰹、鯛などなど・・・。
 
 どれも新鮮で美味しかったのですが、赤貝のヒモが特にお気にいりかな。ヒモ好きなんです。(笑)

img20060425.jpg


 1杯目のビールジョッキに継ぎ、お造りに合わせて日本酒へ・・・。

 こちらでの定番、「東一・山田錦純米吟醸熱燗」です。
 「東一」は単独で呑むのも、食中酒としてお料理と合わせるのも、両方、いけますよねOK
 
img20060425_4.jpg


 ちょっとここで、今が見ごろの八重桜の写真を・・・。
 西木屋町通りの桜です。

 右下に小さく写っているのが、千枚漬けで有名な「村上重」です。

img20060425_1.jpg


 川面に垂れるように咲く八重の桜・・・。
 遅い春を満喫しているかのようです笑い

img20060425_2.jpg


 花びらが重なる八重もいいですよね。

 幼稚園の頃に、ピンクの紙を何枚も重ねて、こんな花を作ったのを想い出しましたウサギ。懐かしいなぁ~ハート

img20060425_3.jpg


 鴨まんじゅう、ならぬ、筍まんじゅうです。春ですからね~チューリップ

 ひとつ、オーダーしたわけですが、私の分と友人の分、わざわざ、2つに分けて作ってくれましたハート。だから、小さく丸まっていて、たこ焼きみたいに可愛いです。

 なんでも、シェアして食べるのでかまわないのに・・・でも、この心使いがうれしいですにっこり

img20060425_5.jpg


 友人の外飲みに欠かせないひと品、天麩羅です。(一人暮らしなので、わざわざ天麩羅を揚げたりはしないようです落ち込み

 姫タケノコ、真鰯、こごみ、スナップえんどうなど・・・。

img20060425_6.jpg


 で、ここで久しぶりに「八海山」。

 (呑んだことがないお酒に流れたいタイプなので音符)正直、他に飲みたいお酒熱燗があれば、「八海山」に流れることは先ずないのですが落ち込み・・・でも、やはり、ソツの無いお酒やなあ音符、と思います。

img20060428.jpg


 他にも色々、食べたのですが、かなり久しぶりにこんなものを食べてみました。(取り皿によそった写真なので、ひと片だけですが・・・)

 「ハチノス香味だれ」です。このお店では、初めて見ました。

 私は、基本的にお魚系魚の人間なので、お肉しか置いていないお店は避けがちです。焼肉屋さんとか、ホルモン焼き屋さんとか、なかなか行く機会がありませんダメ
 なので、「ハチノス」なんていうのもとっても久しぶり。

 タレは美味しかったのですが、う~ん、私はたくさんは食べられないです。ミノなんかの方が、クセが無くて無難ですね。
 
img20060425_7.jpg

 でも、久しぶりに普段、口にしないものが食べられて満足ドキドキ小。(笑)
 ご馳走さまぁ~。
続きを読む

吉田酒造さんの「活性にごり」

 3つ前の記事でご紹介した桜の名所、海津大崎笑い

 今までにも何度か、ご紹介したことがありますが、写真に写る酒蔵は、その近くに在る「吉田酒造熱燗」さんです。目の前が琵琶湖という素晴らしいロケーションに建つお蔵です。
 
 「竹生嶋」「花嵐」「雪花」などを醸してはります。
 
img20060427_1.jpg


 吉田酒造さんオリジナルのお酒を入れるビニール袋。
 色合いがステキですよねハート

 皆さんのご贔屓ハートの蔵にも、ステキなオリジナルの袋を使ってはるところ、ありますか?

img20060427_2.jpg


 今回、買ってきたのは活性にごり。
 にごり具合は、こんな感じ笑い

 適度な甘味があり、そのままでも、ほんわかお燗にしても美味しかったですよにっこり
 はい、速攻で、全部飲んじゃったので、もうありませ~ん落ち込み。(笑) 

img20060427_3.jpg
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ