はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

2006年01月

弱い者に強い社会

 ご周知の通り、私のこのブログ、ベースは「料理」です。
 京都のお店を中心に、“美味しいお酒熱燗とお料理”をご紹介しています。

 私は“グルメ料理”という言葉があまり好きではないのですが、ただ、“笑い”は人が生きてゆく上で、誰もが関わっていかなければならない大切な事ドキドキ大でもあるし、どうせ食べるなら不味いものより美味しいものを食べたいなあにっこり、と思っているだけです。(笑)

 だって、“美味しいもの”を食べているとき、人は誰も幸福な気持ちになれるのではなかろうかハート、と思うからです。
 
 ただ、私の場合、“美味しいもの”というのは、決して“代価の高いものOK”という、お金を物差しに測るものではなく、炊きたてのご飯で作る熱々のおにぎりおにぎりも、高級レストランのお料理料理にも負けない“美味しいもの音符”だと認識しています。

 
 ホントは美味しいものや愛しい猫猫の話だけしていれば幸せなのですが、どうして、毎日毎日、こうも理不尽なことが起こるのでしょうね泣く

 ということで、この社会で生きている大人として、ノーテンキにお酒熱燗とお料理料理の話だけしているわけにもいかず、先ずは、ここ数日、気になったこのお話クローバー

 今回発覚したショック15年に渡り、不正な改造を繰り返していた「東横イン」の問題。
 わざわざ、2つの図面を作成してまで・・・ショックその姑息さに腹が立つ怒る

 とんでもない発言連発の社長にも腹が立つけど、支配人の女性に対しても同じ女として情けない想いで胸がいっぱいになります悲しい

 車イス車椅子のお客さんがいらしたら、男性スタッフが気づかない細かいところまで心配りするのが女性スタッフの役目のように思うけど・・・。(仕事に於ける男女差別意識はありません。念のためハート
 
 「東横イン」は、全国に120店舗も展開し、去年だけで20店舗が新たにオープンクラッカーしたそうだ。

 倒産寸前で社員の生活を守るため致し方なく・・・なら、まだ可愛げがあろうかというものですが、儲かっているOKのに、更に条例違反までしてお金を手に入れようとする・・・。
 資本主義社会なのですから、利益を追求するのは当然ですが、ここまでくると、守銭奴以外の何者でもない。こういう人が、私の中で“品の無い人”と、位置づけられるのです。(笑)

img20060131.jpg

 今回の発覚をスピード違反パトカーダッシュに例え、「制限速度60キロのところを、67、8キロで走ったって、まぁ、いいか、と思ったが、甘かった・・・」と話す西田社長の、人を小ばかにしたような軽い物言いを、ブラウン管テレビの向こう側で、どれだけの人たちが情けない想い悲しいを抱きながら見ていたことでしょう。

 これが多くの従業員の上に立つ、経営者だとは・・・トホホ泣く
 オマケにこの会社は、正真正銘、どこから切っても、“サービス業”という性質の会社なのに・・・ああ、情けない悲しい

 「甘かった」という社長の言葉に、私は反省の意志を見出すことはできませんでした。
 「甘かった」・・・つまり、自分が条例違反をした、という事実よりも、それを見つけられ糾弾される始末に追い込まれてしまった・・・彼にとっては、そちらが重要であり、「見つかってしまったこと=甘かった」というニュアンスを含んでいます。

 「どうせ、身障者用車椅子の部屋は1年に1度か2度くらいしか使わないから」と、その部屋をロッカーやリネン室に替えていた怒る

 「でも、身障者が嫌いなわけじゃないにっこり」と口にし、私の中でこのおじさんは更に墓穴を掘ったショック。フォローしたつもりだろうが、全く逆効果やん・・・。アッタマ、悪~~~アウト

 あのさ、あなたに身障者車椅子の方を「好きにっこり」だの「嫌いあかんべー」だの、なんて、口にする権利なんかあるわけないやんアウト

 ホテルに・・・いや、全ての客商売に、お客を選ぶ権利なんて無いよダメ
 少なくとも、真の意味でプロフェッショナルな客商売の人達は、お客を選ばないラブ
 私の好きなミュージシャンラブだって、「俺達はファンを選べない。ファンの方に選ぶ権利がある」って、ゆってたもぉ~んドキドキ大。さすが拍手

 更に言えば、世の中がこぞってバリアフリークローバーを推し進めているのに、時代に逆行した不誠実な経営戦略が、いつまでも見過ごしてもらえるわけもないのよダメ

 ふと気がついた情けないことは・・・弱い人たちを切ってゆくダメ・・・っていうやり方は、今の自民党の政治とおんなじやけどね悲しい

 ホームページでは、一連の社長の常識に欠ける発言に対するお詫びすいませんが書かれていますが、そんな建て前のお詫びの言葉、誰も信じるわけがなく・・・。

 人間の性根というのはそう簡単になおるものではありませんから、哀しいですが、彼が口を開けば、また、同じような本音が飛び出してくることでしょう。

 ということで、もう東横インはどんなに安くても、泊まるのはやめておきましょう~音符。(爆)

Chinese 兪(ちゃいにーず・ゆ)・夜バージョン

 家に帰り着き熱を測ると、39度近くまで上がっていた先週の水曜日風邪、実は、会社から直宅したのではなかったのでした。

 その日は、前々から、久しぶりに逢う友人とご飯を食べに行く約束があったのですハート。そして、一緒にご飯を食べに行こうと思っていたお店も、久しぶりにお邪魔する約束になっていました笑い

 友人はちょっと遠くから来てくれるし、お店も予約してるし、これをドタキャンしたら女が廃る落ち込み。(爆)っていうか、マジ、それは絶対、できなかったのです、私の性格上・・・笑顔

 いや、約束は守りたいので、しんどくても全然かまわないのですが、肝心のご飯、ちゃんと食べられるかな泣く?と、かぁなり不安ではありました。なにせ、お昼休みも、ご飯も食べられず、しんどくて机につっぷして休んでいたのですから・・・困った

 久しぶりにお邪魔するのに、お会計が少ないのは申し訳ないし悲しい、友人も一人で食べていたってつまらないだろうし・・・落ち込み

 伺ったお店はこちら、仏光寺新町(仏光寺通りと新町通りの交差点)をちょっと上がった(北に進む)西側に在る「Chinese 兪(ちゃいにーず・ゆ)」さんです笑い

img20060130.jpg

 以前、1度、こちらのお店でお昼をいただき、その際、ブログでご紹介したら、わざわざご主人がコメントをくださったのですバラ

 なので、またぜひ伺いたいな、と、常々思ってはいたのですが、お昼は満席汗のことが多い人気店拍手ですし、夜月は、私の場合、圧倒的に和食に日本酒熱燗、というスタイルなので、なかなか伺うチャンスがありませんダメ。実際、なかなか中華料理屋さんにつきあってくれる友人も居ませんし・・・悲しい
 
 でも、やっとのことで、いつぞや私の駄ブログにコメントをくださったご主人との再会が果たせましたラブ


 さて、こちらがオーダーした飲み物グラス
 え?3人で食べに行ったって?
 いえいえ、二人です落ち込み

 ご主人が飲み物のオーダーを聞きに来てくださいました。
 「焼酎のお湯割りと杏露酒のお湯割りハート」と、友人が口にすると、ご主人は「はい、わかりました笑い」と、応えて、調理場に戻ろうとなさったのですが・・・私の分がまだ・・・。(爆)

 そう、友人は1度に2杯づつオーダーし、相手が1杯を飲む間にほぼ2杯、飲み干してしまうという、豪快なお方なのですにっこり。ご主人もビックリびっくりしてはりましたが・・・。(爆) 

OSAKE.jpg

 ということで、奥の焼酎のお湯割りと、チェイサー代わりに頼んだ杏露酒のお湯割りが友人の飲み物で、前のグラスが、私がオーダーした、普段は意識の外にある飲み物「生レモンサワー」です。(爆)元気だったら、絶対、ビールジョッキを飲んでいたのですが・・・。(ちなみに、友人はビールジョッキも日本酒熱燗も飲めませんアウト

 やはり身体が弱っている泣くのか、ビタミンCみかんを欲していました。(これ、「生レモン」で良かったです。「生汗」じゃなかったら頼まなかったかも・・・)

 
 先ずは、「前菜4種盛り」です。
 弱った身体に(笑)、クラゲ酢が美味しかったです笑い

 左上の小さなオムレツ(?)には、牡蠣が入っていました。
 面白いし、可愛かったラブです。

img20060130_1.jpg


 友人が気を使ってくれて、あっさりめの物をオーダーしてくれましたにっこり
 「シーフードサラダ」です。
 トッピングされているじゃがいものフライがアクセントになって美味しかったOK

img20060130_2.jpg


 熱が高くて注意力散漫だったもので・・・これは黒板の「本日のおススメハート」だったのですが・・・多分、「イカとブロッコリーの炒め物」って感じの料理名でしたか・・・?(笑)

 こういう炒め物の奥深い味って、家家では出ないですね。
 きっと、美味しい調味料が入ってるんやろうなあウインク

 お店に行くまでは、“食べられなかったら、どうしよう?”と、不安ショックだったのですが、優しいお味で、食欲の無い私でも、口に入れることができました。

 こちらのお店は「医食同源」のポリシーで、水・塩・油、また食材を出来る限り低農薬、自然飼育などの体に優しい食材をと考えて提供してはるそうです。

 確かに、「油」の良し悪しなんて、弱っている身体は敏感に反応してしまいそうですものねウインク

img20060130_3.jpg

 写真が1記事、5枚までしか貼れませんので、つづく~花

「奥播磨・純米吟醸」「このわた」

 2つ前の記事、友達と馴染みのお店へ飲みに行った際のお話の続きです笑い

 続いてのお酒は、「奥播磨・純米吟醸」です。
 こちらも、華やかさもコクも兼ね備えた美味しいお酒でしたハート

img20060129.jpg


 アテの方は、お酒熱燗にぴったりびっくりの「このわた」。

 お酒のアテに縁の無い方にご説明しますと、なまこの内臓を塩辛にしたものです笑顔。日本酒熱燗にはピッタリなんですよ。

img20060129_1.jpg


 天麩羅はお品書きには載ってないバージョン。
 
 私たちのオーダーは「美味しい天麩羅」(笑)、それを受けて若き料理人が準備して揚げて炎くれた具材は・・・牡蠣・蓮根・穴子・お茄子・獅子唐・サーモンです。美味しかったラブ

img20060129_2.jpg


 おお~っと、写真を撮る前に、すでに、それぞれのおてしょうによそり分けてしまいました困った。スマソサル

 「鳥そぼろご飯ごはん」です。このお店で、時々、食べるひと品です笑顔
 これ、ニワトリ鳥の軟骨もは入ってるので、カリカリ食感がグ~OKなんですよ。
 軟骨をフードプロセッサーにかけるんだと思うのですが・・・。
 お味もいいし、美味しかったぁ笑い
 
img20060129_4.jpg

千鳥酢の寿司飯で手巻き寿司

 皆さんは、お昼ご飯ごはんは済みましたか?

 うち家は・・・ここ数日、つきあわなくてもいいのに、私につきあって、母もおかゆごはんが主食だったもので、今日は、午前中にスーパーでお刺身魚を買ってきて、お昼は手巻き寿司を食べました。

 千鳥酢で寿司飯を作ります。
 お酢を混ぜる分、水加減を少々、少なめでご飯を炊きます。

img20060129.jpg


 なんの愛想も無いですが、スーパーの中のお魚屋さん魚で買ってきたお刺身の盛り合わせです笑い

img20060129_1.jpg


 なんか、かなりシャリ少な目の手巻き寿司笑い。(笑)
 でも、このお刺身はニャンコ猫にねだられ、私は食べられなかったんですけどね。(笑)

img20060129_2.jpg

「松の司・純米吟醸・中取り」「大徳寺麩と菜の花のからし和え」

 昨日、一昨日は、消化のいいおかゆごはんとヨーグルトに、たくさんビタミンCを摂れるように果物いちごみかんりんご・・・そして温かくして睡眠を充分とったおかげで、今日はほぼ完治かなハート・・・とホっ笑いとしています。

 いや、私は風邪だろうがインフルエンザだろうが、いづれ体力は戻りますが、母に移したら大変ですから・・・ショック

 ということで、まだ呑み屋熱燗復帰はしていませんが、元気だった頃(笑)、友人と馴染みのお店に飲みに行った際のお話ですウインク

  
 ひと品目は、大徳寺麩と菜の花のからし和えです。
 
 菜の花・・・春らしいチューリップですね。
 最近は、うち家の食卓にも、よく菜の花を使ったお料理が並びます。
  
NANOHANA.jpg


 1杯目は、ビールを飲み乾杯、2杯目は地元・滋賀のお酒「松の司・純米吟醸・2005中取り熱燗」を飲みました。

 「松の司」の「楽」「花伊吹」あたりは、私はあまり好みではないのですが、こちらは華やかさもあり、旨口で、なかなかおいしゅうございましたラブ

img20060128.jpg


 聖護院蕪の雲丹湯葉あんかけです。
 
 普段使いの馴染みのお店ですが、こういうお料理はちょっとした京料理屋さんにもヒケをとらない力こぶお味なので、とても美味しかったですにっこり。これなら、病み上がりの今の私でも、食べられそうですね。笑い

img20060128_1.jpg


 フカヒレと蛤の煮込みですハート
 写真では、フカヒレの姿を認めるのは難しいですが・・・落ち込み。(爆)

 フカヒレは小さめでしたが、しっかりフカヒレの旨味を堪能しました。
 ホロホロとほぐれてゆく、あの繊維質の歯ざわりがいいですよねラブ

MARU.jpg


 こちらでの定番、「水菜と生湯葉のサラダ」です笑い

 このお店の若き料理人、お手製のドレッシングがとぉっても、グ~拍手なんです。
 家家でも食べたいなあ。
 今度、ドレッシングをゆずってもらえないか、わがままゆってみよー。(笑)

img20060128_2.jpg
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ