この前の日曜日は、琵琶湖の西に位置します「波乃音酒造熱燗」さんが夏ひまわりの時期だけ営業してはる「余歌朗」さんに行ってきましたにっこり

 去年は行けなかったので、2年ぶりとなります。
 たまにお酒熱燗を買いに来ますので、この辺りは、馴染みの風景ではあるのですが・・・。

 古い佇まいが落ち着きますラブ

90.jpg


 玄関脇には、立派な瓦が・・・。
 代々続く、歴史のあるお家なんですね。

 「余歌朗」さんでは、琵琶湖の天然鰻を出してはるのですが、元々、蔵から20客お膳が出てきて、それで何かできないか?という話から、お酒造り熱燗がお休みのこの夏ひまわりの時期だけ、営業しはることになったお酒と御料理のお店なのです。

91.jpg


 個人的に少人数でも受けてくれはるのですが、今回は、大阪の『蔵朱』さんの企画に参加させてもらいました。
 大人数でぞろぞろ、お邪魔するところです笑い

 「蔵朱」さんもブログの中でご紹介させて頂いていますが、最近、なかなか大阪でゆっくり飲む余裕が無く、ご無沙汰している私は、肩身の狭い人間ではあるのですが・・・泣く

92.jpg


 さりげない置物にも品がありますね。
 
 華美ではないところがステキハートです。

93.jpg


 ステキな書の下で、楽しい宴が始まりました。

 全どが、わざわざ大阪からいらした「蔵朱」さんのお客さんです。

94.jpg


 お部屋の窓を眺むれば、手入れの行き届いたお庭が広がります。
 
 向こう側には琵琶湖が広がっているんですよ。

95.jpg


 準備してくださったお猪口。
 どれも可愛いドキドキ小です。

 箸袋には「余」の判子が・・・。
 この手づくり感がいいですよね。

 よく考えたら、お酒熱燗のラベルなどもそうですよね。
 手づくりのぬくもりが伝わってくるような、こじんまりした蔵のお酒が好きです音符

96.jpg


 このお銚子もいいなあ。
 向こうにあるお湯のみもステキハート
 家にも欲しいなあ。

 こちらで使ってはる器は、元々、こちらのお家に伝わったもの。
 やはり、歴史の永いお家には、何かとお宝が眠っているようです。(笑) 
 「なんでも鑑定団」に出せるような品も眠ってるんでしょうね。

97.jpg


 半月形の器に、お酒のアテにぴったりなものがたくさん入っていました。

 出汁巻き卵の隣にあった鴨ロースも柔らかくて美味しかったし、瓜もおいしゅうございました。

 赤いものは、例の赤こんにゃくですが、これはお寿司になっていました。赤こんにゃくはよく食べますが、寿司ネタとして食べるのは初めてかも。

98.jpg


 かなりくつろいだ状態になっています。

 手前の青いシャツの方がこの浪乃音酒造の長兄さん。
 そう、「杜氏三兄弟笑顔笑顔笑顔」の一番上の方です。
 ちょっと久しぶりにお目に掛かりました。

 真ん中の赤いシャツの方が、「蔵朱」のマスター。
 マスター、また、必ずや、そちら目指して大阪に参りますすいません。 

 そして、一番左端の方も、お酒好きには有名なお顔かも・・・の、京都は「蒼空」の藤岡酒造さん。
 蔵に行くと、お母さんとばっかりお話しているのですが、この日は息子さまと・・・。非常に楽しい方でしたにっこり

99.jpg

 1記事、10枚までしか写真が貼れませんので、つづく~花