京都府庁を少し下がったところ(=南に行く)にあります麩嘉さんです。
 棒生麩や、麩まんじゅうを売ってはるお店です笑顔。(錦市場の中にもお店が在ります)

 創業は江戸時代後期だそうで、代々、御所にも献上してはったそうです。

 でも、江戸時代の生麩、今の商品と少しは違うのでしょうね。江戸時代に作ってはった生麩、食べてみたいなあ~ハート

huuka.jpg


 右が蓬。左が南瓜です。(どちらかが、¥630で、もう1本はそれより少し値段設定が低めでした。ごめんなさい、ちゃんと覚えてなくてカエル

 確か、以前は、外国人の職人さんがいはって、色んな食材を混ぜた変わった生麩を作ってはったと思います。カボチャっていうのも、他のお店ではあまり売っていません笑顔

 今までにも生麩(小麦粉から作るグルテンの固まり)はブログの中で何度もご紹介してきましたが、うちの家でも、結構、よく使う食材です。他の地方の方はどうですか?
  
 今回は、お茄子と一緒に炊きました。(写真はありませんが・・・)
 皆さんも京都に来はったら、おみやげにどうぞプレゼント。(ただ、冷蔵保存が好ましいので、持ち運びは厳しい落ち込みかもしれませんが・・・)

huuka2.jpg