はんなり・・・

京都の美味しいお店、多目のページです。 「立ち呑み屋さん」から、「京懐石」まで。キャパの広さが自慢です。(笑) ^0^ でも、「飲み食い」だけじゃ淋しいので、好きな映画や音楽♪、愛しいニャン ^・・^ の話題もあり。 時折、「詮無い想い」も、一人ごちています。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 私が死んだら、鳥葬にしてほしい・・・。

ristorante 「Bassano del Grappa」

 昔から馴染みの料理人さんが、こちらのお店に移らはったので、顔を出さないとラブ・・・と、お友達と行ってきました。

 烏丸仏光寺のristorante 「Bassano del Grappa」。
 
 お店の前は時々、通っているのですが、基本、和食メインの人間なもので、やっとお邪魔することができました。
 
 かなり広い店内です。

a1.jpg


 お昼のコース料理は¥1,500と¥2,100。

 ここでご紹介しますのは¥2,100のコースになります。

 季節の前菜5種盛り合わせです。
 
 赤に黄色に緑・・・きれいやし、ひと口サイズになっているので食べやすいです。

a2.jpg


 パスタは2種ありました。

 料理人さんが気を利かせて「ひとつづつ、作りましょうか?」と。

 さすが、女心をよく解していらっしゃる。(爆)

 そうそう、女子はちょっとづつでいいから、いろんな物を食べたいのですよ。

 ということで、こちらは、小海老と聖護院大根のスパゲティーニ 菊菜のピュレ和えです。

a3.jpg
 

 もうひとつのパスタフェットチーネ。

 京赤地鶏と舞茸、蓮根のトマトソースです。

a4.jpg


 ホールスタッフの方がよそり分けてくれてはります。

 贅沢ですよね~、お昼からこのサービス。(爆)

a5.jpg


 勿論、ワイングラスもいただきました。

a6.jpg


 赤もねラブ

a7.jpg


 Secondoも2種ありまして、それも両方ひとつづつ作ってくれはりました。

 こちらは鮮魚のポワレ 野菜のスープ仕立てです。

 これも色が鮮やかで食欲をそそります。

a8.jpg


 もう1種は、骨付き子羊パン粉焼き 根セロリのピュレ 木の芽の香り・・・です。
 お魚も子羊も、お世辞抜きで、どちらも美味しかったです。

 これもスタッフの方がよそり分けてくれはりました。
 
 でも、お客さんが注目する中、よそり分けるなんて、私は恥ずかしくて無理ダメです・・・。(苦笑)

a9.jpg


 最後のデザートワインです。

a10_1.jpg


 練乳のアイス。

 これは馴染みの料理人さんからのサービスなので、コース料理の中には入っていません。悪しからず・・・。

a11.jpg


 ドルチェはグラッパンナコッタ(グラッパを使ったパンナコッタ) バナナのキャラメリゼ添え チョコレートソース。

 量もちょうどよくておいしゅうございましたにっこり

a12.jpg
 

 最後にエスプレッソをいただきました。

a13.jpg


 この日はお友達と一緒でしたが、ひとりでも大丈夫なお店です。

 今回、グラッパは飲まなかったけど、次回は飲もうかなあ。

 料理人さま、いろいろ、お気づかいありがとう~ハート

 また、顔出しますねウインク

a10.jpg

チョコの季節ですね・・・巷では。(爆)

 今日、ちらとデパートを覗いたのですが、バレンタイン用のチョコレート売り場の広さにビックリ!(爆) 

 私には関係の無い売り場だわ。(爆)

 さて、ここで質問です。
 
 “本命チョコをもらえない男性”と、“本命チョコをあげる相手が居ない女性”どちらが淋しいのでしょうか?(爆)

 さて気を取り直しまして、以前もご紹介したことがある、知恩寺の手作り市に出店してはるチョコレート屋さんのお話。

 先月、お友達と一緒に・・・。

a1.jpg


 買って帰ったのではなく、その場でひとつ食べました。

 お酒が入っているので、私向きです。(爆)

 私たちが食べたのは、一番、度数が高いらしいシャルトリューズ。(笑) 

 お酒が効いていて美味しかったです笑い

a2.jpg


 チョコレート屋さんのお兄さん。

 ミスチルの桜井くん風で、いつもさわやか~音符です。(笑)

 ご馳走さまでしたぁラブ

 また、お邪魔しますね。

a3.jpg

十一月中旬の「京上賀茂 御料理 秋山」

 季節を大事にしてはるお店やのに、記事が現実に追いついてなくて、ごめんなさい悲しい・・・というわけで、ピッチを上げるべく、ほぼ写真館でお楽しみくださいましラブ

 “絵”になる御料理、お店なので、充分、楽しんでいただけるかと・・・ウインク

 十一月中旬に友人と一緒にお邪魔した際のお話です。

 カウンターに通してもらうまでの飾り付けにも、秋の恵みが・・・。

a1.jpg


 1杯目は、自家製の梅酒をいただきました。

a5.jpg




a3.jpg




a2.jpg


 お椀の中には、すっぽんも見えますね。

a1_1.jpg




a2_1.jpg


 梅酒の後は、いつも通り、日本酒へ・・・。

 こちらでの定番酒熱燗、「辰泉」の「京の華・純米吟醸」です。

a4_1.jpg




a3_1.jpg


 肉厚の穴子の焼き霜です。

a6.jpg


 「秋山」さんでよく使ってはるコールラビが目の前に・・・。

a5_1.jpg


 定番の黒米のおかゆです。

a8.jpg


 今、蟹をさばいてはります。

 11月中旬だったのですが、この冬、初めての蟹でした笑顔

a7.jpg



a9.jpg


 はい、季節満載のひと品が目の前に・・・。

 赤いもみじが映えますね。

 先ほど、秋山さんがさばいてはった蟹も乗っています。

a10.jpg


 1記事に貼れる写真枚数を超えるため、分割します。

 つづく~。ハート
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ